身近にあるものから始めよう!デリケートゾーンの黒ずみに効く成分を徹底調査

黒ずみに効果のある成分

デリケートゾーンの黒ずみは、女性なら誰でも改善したいと思うのではないでしょうか?
しかし、黒ずみ改善に効果的な成分が分からないという人も多いはずです。

そこで、ここでは身近にあるデリケートゾーンの黒ずみに効果的な成分を徹底調査してみました。
すぐに試せそうなものもあるので注目してくださいね!

デリケートゾーンの黒ずみは何が原因?

まずは、デリケートゾーンの黒ずみの原因からお話したいと思います。
改善のために原因を知ることはとても大事ですからね。

考えられる原因は以下の4つがあります。

1、 摩擦

デリケートゾーンはいつも下着や衣類などで覆われていて、ゴムの部分の圧迫などの摩擦を受けています。
摩擦の刺激を受けた肌は、自らを守るためメラニン色素を発生!

結果、黒ずんでしまうわけです。
下着などの摩擦以外にも、ゴシゴシと擦って洗う習慣やカミソリで剃ってムダ毛を処理する行為も摩擦になります。

2、 炎症やかぶれ

デリケートゾーンは汗・おりもの・生理の経血などで蒸れやすいため、炎症などの肌トラブルが起きやすいといわれています。

炎症すると痒みを伴うため、どうしてもバリバリとかいてしまいがち!
バリバリと皮膚をかくことで肌が刺激を受け、色素沈着になって残ってしまうのです。

3、 ホルモンバランスの乱れ

生理や妊娠・出産などはホルモンバランスを大きく崩しやすいといわれています。
この時に分泌された女性ホルモンは、肌の黒ずみの原因になるメラニン色素を作り出してしまいます。

妊娠中にシミが増えるのはこのため。
メラニン色素が活性化されることで、デリケートゾーンや乳首などが黒ずんでしまうのです。

4、 乾燥

肌が乾燥すると肌を守るバリア機能が低下し、外部からの刺激から守ることができなくなります。
この状態になると、紫外線などのダメージを受けやすくなりメラニン色素が発生しやすくなるのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、全てがメラニン色素!
改善のためにはメラニン色素に着目する必要があるのです。

デリケートゾーンの黒ずみに効く成分とは?

次に、デリケートゾーンの黒ずみに効果的な成分について調査してみました。
一番大事なのは、黒ずみを作り出すメラニンの生成を抑制してくれる美白成分です。

そして、すでに存在するメラニンの増殖を防いで撃退する美白サポート成分も見逃せません!
また、色素沈着の原因になる炎症を抑える成分や、肌バリアを正常に保つために保湿成分も重要になってきます。

では、メラニンの抑制・抗炎症作用・保湿効果が期待できる成分とはどんなものがあるのでしょうか?

肌の漂白剤「ハイドロキノン」は副作用の危険も!?

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」のようなもので、紫外線の影響でできてしまったシミ・老人性色素班・肝斑・炎症性色素沈着などに効果が期待できます。

しかし、ハイドロキノンは肌への刺激が非常に強い成分なので、使用前に必ずパッチテストを行う必要があります。
パッチテストを行わないと、副作用で炎症・赤み・白斑・シミの悪化などの症状が出てしまう可能性があるので注意しましょう。

デリケートゾーンの黒ずみには昔からのやり方「馬油」を塗っても良い?

デリケートゾーンの黒ずみは摩擦や乾燥が原因の場合が多いです。
昔から保湿などのために使用されてきた馬油は、浸透力が高く抗酸化作用や殺菌作用なども期待できます。

馬油はもちろんデリケートゾーンの黒ずみにも使用できますが、残念ながら黒ずみそのものを薄くする効果はありません。

馬油は肌を整える効果や保湿力が優れているため、一度デリケートゾーンの黒ずみを改善した後に再び黒ずまないようにするために使用することをおすすめします。

お風呂上りなどに馬油を塗ることで乾燥や摩擦を軽減することができるため、黒ずみ対策にはピッタリでしょう。
副作用の心配も少なく、安心して使用することができますよ。

肌にはやっぱりヒルドイド?デリケートゾーンの黒ずみを保湿したらどうなる?

ヒルドイドは、保湿・血行促進・肌荒れなどに効果が期待できる軟膏です。
ローションやクリームの2つの種類があり、全身に使用することができます1

「全身にということはデリケートゾーンにも使えるの?」と疑問に思いますよね?
もちろん、ヒルドイドはデリケートゾーンにも使えます。

しかし、すでにできてしまっている黒ずみを解消する効果はないため、今後の黒ずみ予防のために保湿用として使用するといいでしょう。

ただ、市販で販売されているヒルドイドは強い成分が入っている可能性が高いということで、肌が弱い人は皮膚科に処方してもらうヒルドイドを使用しましょう。

尿素で肌を柔らかくしてみたら?乾燥でガチガチの角質に尿素で摩擦を軽減

尿素は保湿効果や「角質溶解効果」があるため、固くなったゴワゴワの角質を取り除くことができます。
つまり、ピーリング効果があるということ。

デリケートゾーンの周辺は乾燥で肌がゴワゴワになっている場合多いですよね?
そこに尿素を付けることでゴワゴワした肌を柔らかくすることはできるのですが…

尿素はあくまで保湿効果とゴワゴワを改善する効果しかありません!
例えば、黒ずんいてもゴワゴワになっていない場合は、残念ながら何も効果を実感できない可能性が高いのです。

尿素はデリケートゾーンの黒ずみの改善ではなく、保湿とゴワゴワの改善のためだけに使用するようにしましょう。

ホホバオイルは毛穴の黒ずみを溶かす効果がある?デリケートゾーンにも使えますか?

保湿力が高く、肌にハリや弾力を与えて毛穴の黒ずみを溶かす効果も期待できるホホバオイル。
「毛穴の黒ずみを溶かすならデリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できるのでは?」、と考えがちですよね。

真相を調査してみた結果、ホホバオイルはデリケートゾーンの黒ずみ改善にも効果が期待できます!
しかし、効果を実感できるまでかなり時間がかかってしまうのが気になるところ。

なぜ時間がかかってしまうのかというと、肌のターンオーバーが関係しています。
ホホバオイルは肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを正常にする効果が期待できるのですが、肌のターンオーバーには30~56日くらいかかるといわれています。

つまり、デリケートゾーンの黒ずみがターンオーバーで剥がれ落ちて、徐々に薄くなっていくのを待たなければならないのです。

ホホバオイルは保湿効果が高いので、デリケートゾーンの黒ずみ改善よりは黒ずみ予防のために使用するほうが向いているかもしれませんね。

プラセンタ入りの美白クリームはデリケートゾーンにも効く?

プラセンタは肌の潤い・透明感・美白などに効果的な成分です。
プラセンタ入りの美白化粧品はよく販売されていますよね。

美白に効果的ということで、デリケートゾーンの黒ずみ改善にも効果が期待できます!
黒ずみの原因はメラニン色素ですが、プラセンタにはメラニンの生成を抑制する効果が期待できるのです。

また、活性酸素を除去する効果も期待できるため、肌のターンオーバーを正常にする働きも!
プラセンタは副作用も少なく安心なのですが、馬や豚の胎盤を使用していることが多いため、馬・豚のアレルギーをもっている人は要注意です!

使用する際は、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

メラノサイトの生成を抑えてくれる「トラネキサム酸」はクリームタイプがおすすめ!

トラネキサム酸は厚生労働省が認可している美白有効成分です。
メラニンを生成するメラノサイトの活性化を抑制しする効果があり、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームにも配合されている確率が高い成分です。

肌のターンオーバーを正常にして黒ずみをスムーズに排出させることができ、副作用の報告もほとんどありません!

デリケートゾーンの黒ずみ改善にトラネキサム酸を使用する場合は、ついでに保湿もできるようなクリームタイプをおすすめします。

ヨーグルト&ホエーは黒ずみにパックすると良い?

「身近なものでデリケートゾーンの黒ずみを改善したい…」、と思う人に一番おすすめなのがヨーグルト&ホエー(ヨーグルト内の乳清)です。

「ヨーグルトを食べればいいの?」と思うかもしれませんが、食べるのではありません!
パックにするのです。

私も初めて聞いたときはちょっとギョッとしましたが、黒ずみ改善のために実際にヨーグルト&ホエーのパックを実践している人がいるのです。

ヨーグルト&ホエーには、ピーリング効果やメラニンの生成の抑制のほか保湿効果も!
ここでは気になるヨーグルト&ホエーパックの作り方と使い方を紹介したいと思います。

用意するものは…

  • 市販の無糖のプレーンヨーグルト
  • コットン
  • スプーン

この3つだけ。

使い方は、コットンの上にプレーンヨーグルトと上のホエーをスプーン一杯くらい取ります。
次に、黒ずみが気になる部分に付けて5分ほど放置してから優しく洗い流すだけ

もっと効果を上げたい人は、ヨーグルトにハチミツやオリーブオイルなどを少量混ぜるといいでしょう。

実際にパックを試した人は、約1ヶ月で効果を実感できたようです。
もちろん効果の感じ方には個人差があると思いますが、この方法ならとにかくお金もかからず副作用の心配もなしなので試してみる価値はありそうですね。

リンゴ酢でデリケートゾーンを洗う?匂いや刺激は?

リンゴ酢は私も大好きでよく使いますが、実はデリケートゾーンの黒ずみを改善する効果が期待できるのだとか!
確かにリンゴ酢は血行促進や肌のターンオーバーの促進に役立つといわれていますが…

気になってリンゴ酢でどうやってデリケートゾーンの黒ずみを改善するのか調べたところ、衝撃の方法が発覚!
それは、リンゴ酢でデリケートゾーンの黒ずみ洗うというもの。

まず使い方ですが、リンゴ酢と水を1対5の割合で混ぜてから黒ずみが気になる部分を洗うだけです。
ちなみに、1対5は1がリンゴ酢ですよ!
逆にしたら大変です(笑)

洗った後は、改めてキレイな水などで洗い流すようにしてください。
しかし、これはちょっとリンゴ酢の匂いや刺激が気になりますよね?

もし、ピリピリするような刺激を感じた場合は、薄める水の量を増やすといいみたいですよ。
ちょっと引いてしまうやり方ではありますが、確実に効果があるとしたらとても簡単でいいですよね!

手軽に手に入れられるクリームの成分を見てできることから始めよう

ここまでデリケートゾーンの黒ずみを改善する方法や予防方法を紹介してきましたが、やはり一番効果的なのはデリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームだと思います。

私個人的に一番おすすめなのは「イビサクリーム」。
イビサクリームはメラニンの生成を抑制する「トラネキサム酸」や、炎症を抑えて肌を守る「グリチルリチン酸2K」を配合。

他にも美白をサポートする成分を4種類と潤い成分を8種類も配合しています。
さらに、肌に刺激を与える5種類の添加物が不使用!
実際にイビサクリームを試してみた人の96%以上が満足と回答しています。

公式サイトからならお得に購入できて全額返金保証もあるので、まずは試しに一度使用してみてはいかがでしょうか?
⇒イビサクリームの口コミ評判をチェックしてみる!

イビサクリームの公式サイトはこちら